Linuxメモ

Xen メモ

目次

使っちゃいけないカーネル(CentOS5)

kernel-xen-2.6.18-92.1.17.el5

Dom0で使うと起動しないらしいです。

インストール方法

  • yumでインストールできます。
    # yum install xen
  • xenカーネルでの起動設定 ただし、インストール後にxen用のカーネルを使用するためgrubにて
    xenのカーネルを指定してやる必要がある。
    例)
    default=1 #default=0に修正
    timeout=5
    splashimage=(hd0,0)/grub/splash.xpm.gz
    hiddenmenu
    title CentOS (2.6.18-92.1.13.el5xen)
            root (hd0,0)
            kernel /xen.gz-2.6.18-92.1.13.el5
            module /vmlinuz-2.6.18-92.1.13.el5xen ro root=LABEL=/
            module /initrd-2.6.18-92.1.13.el5xen.img
    title CentOS (2.6.18-92.1.13.el5PAE)
            root (hd0,0)
            kernel /vmlinuz-2.6.18-92.1.13.el5PAE ro root=LABEL=/
            initrd /initrd-2.6.18-92.1.13.el5PAE.img
  • Update後のKernelをXenのものを標準にする。 /etc/sysconfig/kernel
    DEFAULTKERNELをkernel-xen

コマンド一覧

# xm list動作している仮想マシンの一覧を見れます。
# xm create -c [仮想サーバ名]Domain-Uの[仮想サーバ名]を起動し、コンソール接続します。
# xm create [仮想サーバ名]Domain-Uの[仮想サーバ名]を起動します。
# xm console [仮想サーバ名][仮想サーバ名]にコンソール接続します。
Crtl + ]接続しているコンソールを切断し、ホストOSに戻ります。
# xm shutdown [仮想サーバ名]Domain-Uの[仮想サーバ名]を終了します。
# xm destroy [仮想サーバ名]Domain-Uの[仮想サーバ名]を強制終了します。
# xm reboot [仮想サーバ名]Domain-Uの[仮想サーバ名]を再起動します。
# xm top各仮想サーバのリソース状況が確認できます。
# xm dmesgxenのdmesgが確認できます。
  • xm listでのStatusの意味
    r稼働中であり、CPUを使用している状態です
    bI/O待ち、またはタスクがなくCPUを使用していない状態です
    p一時停止中。xm pauseコマンドによってこの状態になります
    sシャットダウン中。*完全にシャットダウンした後はxm listの一覧には表示されなくなります
    c不具合によって稼働不能となった状態
    dcになるまでの経過状態


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-08-28 (金) 04:29:40 (2973d)