Linuxメモ

cactiのメモ

cactiとは?

MySQLをデータベースとして利用するRRDToolのGUIフロントエンド

インストール

Cactiにはrrdtoolが必要であるためインストールする。
今後のパッケージ管理を考えてDAGのrpmパッケージを使用する。
DAG rrdtool

# wget http://dag.wieers.com/rpm/packages/rrdtool/rrdtool-1.2.23-1.el5.rf.i386.rpm
# wget http://dag.wieers.com/rpm/packages/rrdtool/perl-rrdtool-1.2.23-1.el5.rf.i386.rpm

ここで、依存性で一つずつインストールしようとすると依存性エラーが出る。
なので、一発にインストールしてしまう。

# rpm -ivh rrdtool-1.2.23-1.el5.rf.i386.rpm perl-rrdtool-1.2.23-1.el5.rf.i386.rpm

つづいて、Cactiもインストールする。
php-snmp,mysql-serverなどもインストールしないといけないが割愛。
Cactiもyumではパッケージが提供されていないのでDAGよりDLする。

# wget http://dag.wieers.com/rpm/packages/cacti/cacti-0.8.7b-2.el5.rf.noarch.rpm
# rpm -ivh cacti-0.8.7b-2.el5.rf.noarch.rpm

インストール後の作業

cacti用のDBをMySQLに作成しテーブルなどのデータをインポートしてやる。
まず、cacti用のDBを作成

# mysqladmin -u root -p create cacti

Cactiのテーブルデータをインポート

# mysql -u root -p < /var/www/cacti/cacti.sql cacti

念のため反映させる

# mysqladmin -u root -p reload

cacti用ユーザーを作成します。

# mysql -u root -p
mysql> grant all on cacti.* to cacti@localhost identified by 'パスワード';
mysql> exit

Cactiの設定ファイルを書き換えます。

# vi /var/www/cacti/include/config.php
/* make sure these values refect your actual database/host/user/password */
$database_type = "mysql";
$database_default = "cacti";
$database_hostname = "localhost";
$database_username = "cacti";
$database_password = "パスワード";
$database_port = "3306";

Cactiの管理者の変更

# chown -R cacti.cacti /var/www/cacti/

Apacheに設定が追加されているのでリスタート

# service httpd restart

アクセスしてWebにて設定を行えば完了です。

http://サーバ名/cacti/


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-08-28 (金) 04:27:57 (3027d)